スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地界の誓いの時は近いwwwwww37

地界の誓いの時は近いwwwwww37


P.N:魔剣に負けん


前回のあらすじ:魔力を思った形にできる武器ですか。
そんなものがあっても世界は平和になりませんし、
餓えた子供は助かりません。



カイン「ここが所長室か」

ガチャガチャ

カ「やっぱ鍵くらいかかってるよな」
カ「・・・」

スゥ

カ「よぉユリウス」
ユリウス「壁抜けかい。誰が来るかと思えば・・・てっきりアルフレッド君が来るものだと思っていたよ」
カ「俺もそう思ってたよ。まぁそんなことどうでもいい」
カ「記憶を返してもらうぜ」



サタン「ウゥゥゥラァ!」

ガン!

サ「チッ、あの武器の守りが無駄に固ぇな」
ジグ「人なら簡単に切り裂けるようですが、この武器はそうもいかないみたいですね」
ジ「惜しい・・・実験に協力していただけるならこんなもの簡単に切り裂けるようにしてあげられるというのに・・・」
サ「さっきから鬱陶しいんだよ!隙あらば勧誘しやがって!」
ジ「大丈夫ですよ、悪いようにはしません。少なくとも人の形をしたままですよ」
サ「そんなにしてぇなら自分の体にでも着けりゃいいだろうが!」
ジ「!・・・なるほど、それもいい。変化や改良点がすぐに分かるのも好都合だ・・・」
アルフレッド「お?納得してくれたかな?」
ジ「いやいや、そんな貴重な実験台をこんなところで使いたくないですね。やはりあなた達で試させて貰えませんか?」
エルス「・・・」
ラヴァル「お?どうしたボーッとしてよぉ。そんな隙だらけだったら・・・」

ラ「ありゃ、能力が使えねぇ」
グラファ「ワシも使えておらんようだな」
ジ「死人に魔力を使わせる技術はまだちょっとね・・・その代わりと言ってはなんですが、全身に武器を仕込んでおきました」

ドシュッ

ラ「うわっ、手首から槍出てきた!」
グ「肘からも出てきおったわ・・・」
ジ「出し入れの仕方は大体わかってもらえていると思います」
ラ「こりゃ面白えや。行くぜ!」
サ「フン!」

ズバッ

ラ「ハッハハハハ!もう真っ二つにされても何ともねぇぜ!」
サ「うおっ!」
ラ「死ねぇ!」

ドスッ!

ラ「手ごたえ有り」

ラ「・・・だがこれはなぁ」
ジ「分身まで作り出せるのか・・・いいなぁ・・・」
サ「さぁ捕まえたぜ」

ズズズズズ

ラ「なんだ・・・!体が・・・!」

スパッ

グ「軽々しく突っ込むからじゃ」
ラ「チッ、うっせぇ!・・・分身が溶けて動きを封じに来やがった」
グ「あいつは慎重に・・・いや、相手にせんでも良いな」
ラ「そうだな、じゃあ・・・」
エ「・・・」
ラ「おめぇだ!」

ガン!

ア「フン・・・ヌゥ・・・!」
ラ「ああ?」
グ「なるほど、自分の腕を硬化させて盾にしたか」

サッ

ラ「ほーう、物は使いようだな。でも今ので分かったぜ」
ラ「お前、自分を硬化させてる間はその部分は硬くて動かせねぇな?」
ラ「そりゃそうだ、そんな硬いもん動かせる訳ねぇよ」
サ「おしゃべりしてていいのか?」
ラ「ああ?」

ポロッ

ラ「ん?」
グ「これは・・・」
ジ「体が崩れ始めてる!?バカな・・・魔力はまだほとんど使ってないぞ・・・」

グ「なるほど、お前か」

ダダダッ

サ「よっと」
グ「!?」

ドゴッ!

サ「切ってもダメなら全身をぶん殴ればいいのか」

グ「・・・そこの小僧が我らの魔力を少しずつ食っているのか」
ラ「確かにおしゃべりしてる暇はなさそうだね」
ア「バレたか、まぁ予定より大分遅かったな」
サ「ハハハ!こんなもんソッコーで気づくもんだぜ!」
エ「・・・静かにしろ」
サ「うっせぇ!テメェはさっさとあいつら食いつぶせ!」
ア「これは持久戦だ。エルスが魔力を吸い尽くすまで俺らはなんとかエルスを守る」
ラ「それまでにぶっ殺しゃいい話だ!」

ヒュン!

サ「おっとっと」
ラ「うおっ!?また分身か!」
ラ「チッ、また取り込まれるのは勘弁だぜ。ジグ!おめぇも戦え!」
ジ「ふぅ、仕方ないですねぇ・・・実験以外で疲れるのは嫌なのですが・・・」
ジ「これも次の実験の為になると思えば少しは気が楽ですよ。フフフフフ・・・」
サ(さて困ったな。魔力を吸い取っても人形共は消えるがジグとやらの攻撃は魔力に依存しない)
サ(俺でも破れねぇ硬さだ。こっちの二人がなんとかできるとは思えねぇ)
サ(となると、防御を張ってない隙をつく必要がある。人形共が消えればやつは勝ちを捨てて防御に回るかもしれん)
サ(つまり・・・)
ア(魔力を吸い取るまでの勝負か・・・)
サ(魔力を吸い取るまでの勝負か・・・)

―続く―

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

ぼっと

Author:ぼっと
・ニコ生
Name: ぼっと

・Ustream
Name: Bot-chan
チャンネル


【ニコニコミュニティ】廃墟放送局
最新コメント
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。